アシュトン・マクミラン
プログラム

バレエ団の半世紀におよぶ活動の中心に常にあったのは振付家に対する敬意であり、今回新たな祝祭の季節を始めるにふさわしい作品として浮上したのが『ザ・フォーシーズンズ』でした。
アシュトンのレパートリーの中から最もにぎやかな『レ・パティヌール』と、日本初演となるマクミランの『ザ・フォーシーズンズ』からなる記念公演は、舞台に関わるすべての人たちの献身とパフォーマンスへのオマージュであり、バレエ団の新章を皆さんと分かち合うことができる喜びを爽快に祝うものです。

『ザ・フォーシーズンズ』

祝祭的な華やかさと未来への高揚感に満ちたマクミランの「律」と「遊」
THE FOUR SEASONS 『ザ・フォーシーズンズ』

振付 ケネス・マクミラン 音楽 ジュゼッペ・ヴェルディ 美術 シャーロット・マクミラン

みどころHighlight
マクミランの『ザ・フォーシーズンズ』の音楽には、ロマン派の大作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのグランドオペラ『シチリアの晩鐘』のバレエシーンのために書かれた『四季』が主として用いられています。

マクミランの『ザ・フォーシーズンズ』の音楽には、ロマン派の大作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのグランドオペラ『シチリアの晩鐘』のバレエシーンのために書かれた『四季』が主として用いられています。

序曲のメロディーは耳に心地よく、祝祭的な華やかさと、未来へのポジティブな意思に満ちています。マクミランの「律」と「遊」が随所にみられるこのバレエに登場するすがすがしい光景は、季節が冬から始まり、春、夏、秋と、変化に富んだ四季が一回りしたあとでも決して失われることがありません。「ザ・フォーシーズンズ」には人間の内側にある本質的な「生命」への希望が描かれているのでしょう。
designed by Charlotte MacMillan

序曲のメロディーは耳に心地よく、祝祭的な華やかさと、未来へのポジティブな意思に満ちています。マクミランの「律」と「遊」が随所にみられるこのバレエに登場するすがすがしい光景は、季節が冬から始まり、春、夏、秋と、変化に富んだ四季が一回りしたあとでも決して失われることがありません。「ザ・フォーシーズンズ」には人間の内側にある本質的な「生命」への希望が描かれているのでしょう。

『レ・パティヌール』

最高にチャーミングで優美な奥行きのあるアシュトンの「律」と「遊」
LES PATINEURS 『レ・パティヌール』

振付 フレデリック・アシュトン 音楽 ジャコモ マイヤベール 編曲 コンスタント・ランバート 美術 ウィリアム・チャペル

みどころHighlight
雪が美しく降り積もったヴィクトリア時代のスケート場に色とりどりのチャイニーズランタンがやさしく灯ります。
photograph by Kenichi Tomohiro

雪が美しく降り積もったヴィクトリア時代のスケート場に色とりどりのチャイニーズランタンがやさしく灯ります。

広場のアーチをくぐり抜けてスケートを楽しむ若者たちは、次々と魅力的なダンスを披露します。ロマンッティックな気分で滑るカップル、得意気に滑るパ・ド・トロワや、はつらつとしたブルーボーイなどによるこれらの一連のダンスはいつのまにか、互いに溶け込み合い、エレガントで最もチャーミングなアシュトンの「律」と「遊」が広がる世界に観るものを引き込みます。
photograph by Kenichi Tomohiro

広場のアーチをくぐり抜けてスケートを楽しむ若者たちは、次々と魅力的なダンスを披露します。ロマンッティックな気分で滑るカップル、得意気に滑るパ・ド・トロワや、はつらつとしたブルーボーイなどによるこれらの一連のダンスはいつのまにか、互いに溶け込み合い、エレガントで最もチャーミングなアシュトンの「律」と「遊」が広がる世界に観るものを引き込みます。

メインキャストMainCast

『ザ・フォーシーズンズ』

  • 島添亮子
  • 望月一真
  • 八幡顕光
  • 真野琴絵
  • 上月佑馬
  • 荒井成也
  • 小山 憲
  • 澁可奈子
  • 吉瀬智弘
  • 冨川直樹
  • 大森結城
  • 中村悠里

 

『レ・パティヌール』

  • Blue Boy 八幡顕光
  • Blue Girls 真野琴絵 濱口千歩
  • White Couple 島添亮子 望月一真

 

演奏

  • 指揮 井田勝大
  • 演奏 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団

 

スタッフ

  • 芸術監督 小林紀子
  • 振付指導 アントニー・ダウスン
  • コレオロジスト 内海百合
  • バレエ・ミストレス 児玉玲子
  • 衣裳スタッフ 横山美樹
  • 衣装製作 チャコット株式会社
  • ミュージック・スタッフ 青木萌絵
  • 大道具 東宝舞台株式会社
  • 照明 五十嵐正夫
  • 音響 佐藤利彦
  • 舞台監督 森岡 肇
  • 制作 小林 功
  • 製作助手 小林健太
  • 主催 有限会社小林バレエ事務所
  • 後援 一般社団法人日本バレエ団連盟
 
演 目 ①レ・パティヌール ②ザ・フォーシーズンズ
公演日時
2022年9月3日(土)15:30
2022年9月4日(日)15:30
※開場は開演の45分前です。
入場料S=¥11,000 A=¥9,000 B=¥7,000 C=¥6,000 全席指定・(税込)
チケット発売日 7月19日発売
会 場 新国立劇場中劇場(東京・初台)
【電車】京王新線新宿駅より1駅、『初台駅』中央口直結。
【お車】劇場地下に駐車場がございます。山手通り、甲州街道交差点。
チケット購入BuyTickets
【当日券】
9/3(土)14:45~、9/4(日)14:45~、新国立劇場中劇場入口にて先着順に販売いたします。
予定枚数に達し次第販売を終了いたします。

※チケットはお一人につき一枚必要です。
※未就学児のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
※お子様の膝上での鑑賞はできませんので、お子様も1人1枚チケットが必要です。
※やむを得ない事情により出演者、演目が変更になる場合があります。
※予定販売数を超えた場合など、当日券販売を行わない場合もございます。
※公演中止の場合を除き、購入されたチケット代金の払い戻しはできません。お客様の体調不良や新型コロナウイルス感染による払い戻しの場合も、払い 戻しは致しませんので、チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえ判断されますようお願い申し上げます。
※チケットご購入前に【感染症対策に関するお願い】をご確認下さいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました